生活

ふるさと納税をうまく活用して食費を節約しよう。

食費の節約をしたいけど、あまり我慢はしたくないし何かいい方法はないかしら?

食費を効率よく節約するなら「ふるさと納税」を、活用するのをお勧めします。

食費をあまり無理して節約すると、食事の質も低下するし健康にもあまりよくないです。

かといって、「食費はあまり上げたくない」けれど「おいしいものは食べたい」ですよね。

そういった時には「ふるさと納税」を、うまく活用しましょう。

「でも、ふるさと納税ってなんか面倒さそう」と敬遠している方の為に、ふるさと納税の仕組みをご説明します。

1.ふるさと納税とは?

そもそも「ふるさと納税」って何なの?

ぶたぽん
ぶたぽん

「ふるさと納税」とは、応援したい自治体に寄付ができる仕組みのことだよ。

手続きをすると、税金の還付・控除が受けられるから、実質自己負担額は2,000円のみなんだ!

さらにお礼品として、自治体から特産品や宿泊券などをもらえるだ!

でも、手続きがめんどくさそうだし…

ぶたぽん<br>
ぶたぽん

そんなことはないよ!

やり方さえわかれば、とっても簡単だから説明するね!

ふるさと納税の申し込みの手順

ぶたぽん
ぶたぽん

ふるさと納税の申し込みの手順はとっても簡単だよ!

申し込みの手順

  1. スマホやパソコンからお礼品を選んで申し込む。
  2. お礼品を受け取る。
  3. 書類が届いたら※寄付金控除手続きをする。

寄付金控除とは?

ふるさと納税の寄付金は税金の控除対象となるため、「確定申告」または「ワンストップ特例制度」いずれかの手続きをすることにより、最終的な質自己負担額を2,000円に抑えることができます。

まずは、スマホやパソコンからお礼品を選んで申し込みをしてね!

その時に、お得に選ぶには「楽天ふるさと納税」からお礼品を選ぶのがオススメだよ!

楽天ふるさと納税

「楽天ふるさと納税」は楽天市場から、お礼品を選ぶことができます。

「楽天ふるさと納税」の何がオススメなのかと言うと、お礼品に対しても、楽天ポイントが付与されることです。

それのなにがすごいの?

楽天ポイントをうまく活用することで自己負担額の2,000円以上のポイント還元を、受けれちゃうんだよ!

「ふるさと納税」は実質自己負担額2,000円で、お礼品を受け取ることができます。

これだけでもめちゃくちゃお得なんですが、楽天ポイントをうまく活用することで自己負担額の2,000円以上のポイント還元を、受けれてしまうんです。

今僕が、どれくらいの楽天ポイント還元を受けているかと言うと、常時12%のポイント還元を受けることができています。

つまりは、もし僕が40,000円分の寄付をしてお礼品を受け取ったとすると、4800ポイントが付与されるんです。

なので、自己負担額の2,000円も浮いてしまう計算です。

めちゃくちゃ、お得ですよね。

楽天ポイントの詳しい説明は、こちらの記事を参考にしてください。

みなさんもぜひ「楽天ふるさと納税」を活用ください。

控除上限額について

寄付の合計金額が控除上限額を超えると、自己負担額が2,000円を超えることがあるため注意が必要です。この控除上限額は、家族構成や年収(所得)、すでに受けている税金控除の金額などによって決まるため、寄付をする前に自分の控除上限額を調べておく必要があります。

「控除上限額を調べるのがめんどくさい」と言う方は「簡単シミュレーター」を使うのがオススメだよ!

下の画像は「楽天ふるさと納税」のシミュレーター画像です。

【例】年収400万円で独身の場合

上の画像の様に、簡単に寄付上限額を計算することができます。

みなさんも、ぜひ簡単シミュレーターを活用してください。

次は食費を節約するためのオススメのお礼品を紹介するよ!

食費節約にオススメのお礼品

食費節約の為のお礼品は何がオススメなの?

それは、ズバリ

お米とお肉だね!

①お肉のオススメお礼品

都城産「お米豚」ときめき3.7kgセット(黒たれつき)


ぶたぽん的には、豚肉の紹介するのは正直複雑だけど、めちゃめちゃお得でみんなに知ってほしいから紹介するね!

この豚肉は3.7キロもあるんだよ!

一人暮らしだったら、冷凍しておけば半年は豚肉いらずだね!

②お米のオススメお礼品

はえぬき 5kg×2袋 計10kg 令和元年産米 山形県庄内産


お米は毎日食べるものだから、確かに助かるわ。

お肉やお米以外にも日用品もオススメだよ!

ティッシュペーパーや洗剤とかの「消耗品」を、ふるさと納税をうまく使って節約しよう!


ワンストップ特例制度

お礼品を選んだで受けっとたら、あとは寄付金控除の手続きをするだけだよ!

「確定申告」するか「ワンストップ特例制度」で手続きをしてね。

サラリーマンの場合は「ワンストップ特例制度」がオススメだよ!

ワンストップ特例制度とは?

ふるさと納税で税金の還付・控除を受けるには通常、確定申告の手続きが必要ですが、もうひとつの方法が「ワンストップ特例制度」です。平成27年4月1日に創設され、簡単にふるさと納税分の控除が受けられる方法として注目されています。企業に勤めている方は会社で年末調整が行われるため、通常は自分で確定申告をする必要はありません。一方、ふるさと納税を行った場合、年末調整ではふるさと納税の控除は受けられないため、別に控除の手続きを行う必要があります。しかし、ワンストップ特例制度を利用すれば、煩雑な確定申告手続きをせずに、ふるさと納税の控除を受けられます。

ただ、ワンストップ特例制度を使うには、いくつかの条件があるから注意してね!

「ワンストップ特例制度」の利用条件

  1. 1年間のふるさと納税の申し込み先が5自治体以下であること
  2. もともと確定申告や住民税申告をする必要のない給与所得者等であること
  3. ふるさと納税以外に確定申告をするものがない方(確定申告不要の方 )

以上の条件に当てはまる方が利用できます。

ほとんどのサラリーマンは問題なく利用できるけど

  • 20万円を超える副収入がある
  • 年収が2,000万円以上ある
  • もともと確定申告が必要

な人は、利用できないから注意してね!

まとめ

いかがでしたか?

みなさんも「楽天ふるさと納税」を利用して、食費を上手に節約しましょう。

-生活