サイバーエージェント社長藤田晋さんの著書「渋谷で働く社長の告白」を読んだ感想。

こんにちは。かずです(^^)/

今回はサイバーエージェント社長の、藤田晋さんの著書「渋谷で働く社長の告白」の感想を書きました。

この本はどんな本?

サイバーエージェントの藤田晋社長が、幼少期からいろいろな苦難を乗り越えて会社を起業し、社長として成長していくお話です。

この本のポイント

  • 目標を立てる大切さ
  • 決断する勇気
  • 考える前に行動する大切さ

目標を立てる大切さ

藤田社長は20歳の時に「21世紀を代表する会社をつくる」と言う目標を設定しました。

それは、現在に至るまで変わらない人生の目標です。

彼の決断力の速さ、強烈なエネルギーの源は、「21世紀を代表する会社をつくる」と言う明確な目標があるからこそなんだと思います。

そして、彼は毎月、毎月の小さな目標を設定していたからモチベーションを支えることができたと言っています。

当時の若いころの藤田さんのモチベーションを支えていたのは、「大きな目標」よりもむしろ、目の前の「小さな目標」を達成することだったのです。

その小さな目標を確実に達成していくことで、彼はすごい速さで出世していきました。

なので僕も、多いな目標を設定するだけでなく、毎月の小さな目標を設定してクリアできるよう努めていきます。

決断する勇気

藤田社長の決断力は、目を見張るものがあります。

この本の中でも、かなり難しい決断を迫られる場面がたくさん出てきます。

「学生時代からお世話にった渡辺専務を裏切るような決断」「親友である中山さんと絶交になってしまう決断」「入社したばかりのインテリジェンスをやめる決断」

僕だったら、どれも決断することはできません。

しかし、彼は迷うことなく決断していました。

親友を失っても、お世話になった渡辺専務を裏切る形になったとしても、彼は自分の中の目標を最優先に考えていました。

しかし、その決断は多くのものを失う可能性があるし、大切な人に嫌われてしまうこともあります。

彼の、「失うこと」も「嫌われること」もいとわない、目標に突き進む「勇気」はとても大切なことなんだと思いました。

この勇気がないと、自分の人生を生きれず、他人の人生を生きてしまうと思います。

考える前に行動する大切さ

サイバーエージェントは、インターネット関連の企業です。

しかし、彼が起業したときは全くインターネットの知識を持たずに起業しています。

彼は「営業しながら、その中で知識をつけていけばいい」と言っています。

そして、そんなITの知識が0だった彼は、今や日本を代表するIT企業の社長まで上り詰めました。

これから学んだことは、知識を蓄えるよりも「まずは行動する」大切さです。

インプットを優先するよりも、アウトプットを優先する方が圧倒的な速度で知識を得ることができるし、成長速度も速いことを示しています。

自分も「とりあえずやってみる」ことから始めていこうと思います。

最後に

この本は、ジェットコースターのように目まぐるしく話が進んでいき、純粋に小説とし読んでも、とても面白いお話です。

彼は、「圧倒的な決断力」と「圧倒的な行動力」で普通の人が20~30年で経験することを、たったの4~5年で経験しています。

いや、普通の人はほとんど経験しないと思いますが…

「目標」「行動力」「勇気」この3つが、今のサイバーエージェントを作り上げたんだと思いました。

-