運動

ロードバイクを始めるために最低限必要なもの。

ロードバイク初心者
ロードバイク初心者

これからロードバイクを始めたいけど何をそろえればいいだろう?全部そろえると高いんだろうな。。。

そういった、疑問に答えます。

ロードバイクを始めてみたいけど、「お金がかかるからちょっと…」

と悩んでる方、多いんじゃないでしょうか?

そういった方に、なるべく費用を抑えて

これからの季節の「春」「夏」に必要なものを紹介します。

興味がある方は、ご覧ください。

1.ロードバイクの「春」「夏」で最低限必要なもの。

①ヘルメット

ロードバイクはスピードが出るため、身を守るためにも必ずヘルメットは着用しましょう。

僕が現在しようしているヘルメットは、KABUTOという日本のメーカーのヘルメットです。

日本人の頭にフィットするようにできていて、値段も安価でオススメです。

②シューズ

シューズに関しては、ビンディングシューズがオススメと言いますが

ぶっちゃけどこまで本格的にやるかもわからないのに、買うのはためらいますよね。

そんな方にオススメなのがこちらのOne mile サイクリングシューズです。

この靴はサイクリングの為に作られたシューズなんですが、デザインがめちゃくちゃ可愛いい。

うちの妻もこの靴を買ったんですが、サイクリング以外でも普段使いしています。

しかも値段も5,000円~とリーズナブルなので、初心者でこれからっ始める方にオススメです。

③ウェア

僕が今使っている「春」「夏」用ウェアです。

サンティックと言うメーカの、ウェアを着ています。

値段が3,880円で、とても安価な値段で購入できます。

ウェアの値段もピンからキリまでで、高いものだと1万円を超えるものもありますが

ぶっちゃけやすいものでも、全く問題ないです。

そもそも「春」「夏」はスポーツウェアでも全く問題ないです(笑)

女性だとぴっちりしたサイクリングウェアは、抵抗がありますよね。

正直こういったスポーツウェアでも、十分だと思います。

ただ後ろポケットがないので、サイクリングジャージより少し不便に感じるかもしれません。

④パンツ

普段、僕が履いているハーフパンツです。

このハーフパンツは、ウェアと一緒のサンティックと言うメーカ―を使用しています。

値段は、3,450円と安価で購入できます。

性能も、全く問題なく使用できています。

しかし、初心者の方はぴっちりとしたパンツに抵抗がありますよね?

そういう方は、普通のスポーツ用のハーフパンツで十分です。

しかし、普通のパンツだとパットがついていないのでお尻が痛くなります。

お尻が痛くならないように、インナーパンツを購入するのがオススメです。

値段も安いものだと、1,000円~購入できるので1枚持っておくと便利ですよ。

④ライト

ライトは「前照灯」と「尾灯」の2種類があります。

どちらも、命を守るために必須なので必ずつけるようにしましょう。

【前照灯】

【尾灯】

どちらも、安価なものでも特に問題ないです。

⑤鍵

ロードバイクは非常に盗難にあいやすいので、必ず場を離れる時は鍵をかけましょう。

コンビニなど、少しだけ離れる場合は上記のワイヤーロック式のカギで十分だと思います。

自分は、長時間ロードバイクを置いて離れることがあまりないので

基本はワイヤーロック式の鍵を使用しています。

もし不安な場合は、U字ロックとワイヤーロックがセットになったものあるのでオススメです。

ただ、鍵の重量が重くなるため持ち運びは少し不便になります。

⑥空気入れ

ロードバイクは普通の自転車に比べ、空圧が高く空気が抜けやすいです。

なので、タイヤの空気はこまめに入れる必要があります。

パンク防止のために、空気入れも購入しましょう。

安くても問題ないので必ず用意しましょう。

⑦交換用のチューブ

ロードバイクは、普通の自転車に比べパンクしやすいです

なので、予備のチューブは持っておいた方が安全です。

僕が普段使っているチューブは、パナレーサーを使用しています。

比較定期安価で、信用もあるメーカーなのでオススメです。

⑧修理キット

パンクなどの急なトラブルの為に、修理キットも持っておくと安心です。

修理キットがないと、パンクしたときに歩いて帰ることになるのでなかなかつらいです。

⑨ボトルゲージ

ロードバイクはペットボトルを入れるところがないので、ボトルゲージは購入した方がいいです。

修理キットなどもボトルゲージに入れて持ち運ぶことがあるので、2つあると便利です。

今現在、僕が使っているボトルゲージです。

容器の大きさによって、サイズを調整できるためとても便利です。

2.あると便利なアイテム

ここからは、すぐにそろえる必要はないけどあった方が便利なアイテムを紹介します。

①サングラス

ロードバイクはスピードが出るため、目を保護するためにもサングラスの購入はオススメです。

ユニクロなどの安価なものでも全然問題ないので、余裕があれば購入しましょう。

②グローブ

ロードバイクに長時間乗っていると振動で、だんだん手が痛くなってきます。

そんな時に、グローブがあると振動を和らげてくれます。

ゆるポタライドであれば、そこまで必要ないかと思うんですが

「ロングライドにチャレンジしたい」と言う人は購入をおススメします。

③ボトル

正直、ペットボトルでも問題ないです。

しかしボトルの場合は、キャップがないのでペットボトルより簡単に水分補給ができます。

長距離を走る場合や、ヒルクライムを行う場合は

ペットボトルより、ロードバイク用のボトルの方がいいでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ロードバイクをやる上で、最低限そろえる物品を紹介しました。

最低限、そろえた方がいいものは

  1. ヘルメット
  2. シューズ
  3. ウェア(スポーツウェアでも可)
  4. パンツorインナーパンツ(スポーツ用のズボンでも可)
  5. ライト
  6. 空気入れ
  7. 交換用チューブ
  8. 修理キット
  9. ボトルゲージ

あると便利なアイテムが

  • サングラス
  • グローブ
  • ボトル

以上です。

ロードバイクは、最初の初期投資にやはりお金がかかってしまいますが

ブランドのものを買わなければ、結構安く抑えられます。

初心者さんは、いきなり高いものを買うよりは

最初は、安いものでも問題ないと思います。

でも、一度そろえればだいたいのものは長く使えるので

買った後は、そんなにお金はかかってないです。

みなさんもこれを機会に、ロードバイクを始めてみてはいかがでしょうか?

-運動