貯金、副業

副業をやる前に最短で給料を上げる方法

「今の給料だと貯金できないし、早く副業はじめないとなーなんかいい副業ないかな?」

こんなこと思っている人多いんじゃないでしょうか?

まさに、自分もそうでした。

「毎月の貯金額が少なすぎて、全然お金増えてないじゃん‼」

「副業をしないと、今のままでは貯金できない‼」と思ってました。

副業は、もちろん大事です。

やるなとは言いません。

むしろやったほうがいいです(笑)

でも副業を行う前に、まずは絶対にやらなければいけないことがあります。

それは、固定費をみなおすことです。

貯金ができないほとんどの人が、固定費にお金をかけすぎていることが多いです。

まずは固定費を見直して、出ていくお金を最小限にとどめましょう。

それでは見直す固定費について、説明します。

どの固定費を見直すのか?

ではどの固定費を見直せばいいのか、というとズバリ

携帯代・保険代

この2つを、見直しましょう。

なぜこの2つなのかというと、すぐに見直すことができて

金額も、大きな節約になるからです。

この二つを見直すだけで、毎月1万円以上の固定費の削減効果があります。

それではこの2つの具体的な見直し方を、一つずつ説明していきます。

1.携帯代

みなさん、大手キャリアを使われている人いませんか?

もちろんSOFTBANK、ドコモ、au, 3社ともすぐれた携帯会社だと思います。

ですが、ぶっちゃけ格安SIMで十分です。

僕は現在、楽天モバイルを使用していますが

何不自由なく、使えています。

正直大手3社に比べれば電波は劣りますが、僕はそんなに気にならないレベルです。

それ以上に携帯料金を半額以下に節約できるほうが、大きなメリットだと思います。

楽天モバイルの携帯料金は、月1400円程度です。

その前はソフトバンクを使用していたんですが、8000円以上は払っていました。

その差額は、6600円です。

「たかだか毎月6000円程度の節約なんて、効果薄くない?」

そう思われるかもしれませんが、1年間で見ると79000円の節約になります。

かなり大きいと、思いませんか?

携帯会社は2年間の契約期間があるので、1万円ほど違約金がかかります。

しかし違約金を払っても、年間79000円の差額を考えたら

格安SIMに変えた方が、絶対にお得です。

これを機会に、格安SIMの乗り換えを考えられてはいかがでしょうか?

オススメの格安SIM

「格安SIMに乗り換えは考えているけど、いっぱいあってどれがいいかわからない。」

こう考えている方は、多いんじゃないでしょうか?

格安SIMの会社はいっぱいあって、どこの会社がいいのかわかないですよね。

僕もいろいろ調べたんですけど、正直どこの会社も、大きな差はないです。

なので現在僕が使っている、楽天モバイルを紹介したいと思います。

楽天モバイル

https://mobile.rakuten.co.jp/fee/

楽天モバイルは、最安値の料金で月額1480円とかなり格安です。

あとはギガを使い切っても、最大1Mbpsで使い放題です。

どういうことかと言いますと、普通はギガ数を超えると低速モードになってしまい

動画が見れないだとか、SNSが思うようにに使えない状態になると思います。

楽天モバイルだと低速モードになっても、最大1Mbpsのギガ数なので

動画が見れないだとか、SNSが思うように使えないことはありません。

ただどうしても、通常モードよりは遅くなることは否めませんが

問題なく動画もSNSも、使うことができます。

楽天モバイルの、もう一つのメリットは

楽天ユーザーになることで、楽天市場のお買い物がお得にできることです。

楽天市場には、SPU(スーパーポイントアップ)と言って

楽天系列のサービスを利用・契約することで、最大16倍のポイントアップをすることができます。

ポイントについて詳しい説明は、こちらの記事をお読みください。

SPUをうまく使うと、かなりお得にお買い物をすることができます。

また貯まったポイントはもちろん、楽天市場で使用すこともできますし、

楽天証券で、投資に回すこともできますし

楽天ペイ、楽天Edyでコンビニや薬局などで使うこともできます。

あとはなんといっても、楽天ポイントで携帯代の支払いができるのが大きなポイントです。

僕は今月の携帯代はポイントで支払ったので0円です。

楽天市場を上手に利用すれば、ほんとにたくさんポイントが貯まるので

毎月の、携帯代の支払いに充てることができます。

なので実質、携帯の固定費を0円にすることも可能です。

楽天モバイルは、固定費削減には最適だともうので

ぜひ検討されてみては、いかがでしょうか?

2.保険代

みなさん人生の3大支出をご存じですか?

1位 

2位 自動

3位 保険

1位の家と2位の自動車は、だいたい予想できますよね。

3位の保険は、意外に思う方が多いんじゃないんでしょうか。

日本人は世界と比べても、保険が大好きなんですよね。

世帯平均で、毎月32701円を支払っているんです。

年間にすると、40万円近く支払っていることになります。

仮に二十歳から支払ったとして、八十歳まで払い続けたとすると

なんと、1千9百万円を余裕で超えてきます。

これは一つの例ですが、それほど日本人は保険にお金をかけているということです。

なので保険の見直しをするだけで、かなりの節約になることは間違いないのです。

「でも保険のなかでも何を見直せばいいの?」と思う方多いと思います。

では保険の見直しについて、説明します。

本当に必要な保険

まず、本当に必要な保険は何か結論を言います。

それは、傷害保険です。

傷害保険の中の自動車保険、火災保険は必ず必要です。

なぜかというと、これらは自分の貯金ではカバーできない可能性があるからです。

なので自動車保険と火災保険は、必ず入っておきましょう。

自動車保険にも、対人保険車両保険の2つがあります。

対人保険は、事故を起こしてしまったときに

莫大な賠償金が発生する可能性がある為、必ず入りましょう。

しかし車両保険に関しては、僕は必要ないと思います。

なぜかというと車の修理代は、しっかりと貯蓄ができていれば

保険を使用しなくても、十分にカバーできるからです。

車両保険に入るだけで、保険代がかなり高くなるので

僕は対人保険のみを、おすすめします。

自動車保険・火災保険以外はなぜ必要ないのか。

上記でも言いましたが、ほかの保険はそもそもしっかりと貯蓄できていれば

十分に、カバーできるのです。

まずは、保険にたくさん入る前に

しっかりと貯金ができる環境を作るのが先です。

保険にたくさん入っているから、固定費が増えて貯金ができない。

その結果、保険に頼らざるを得ないのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

固定費を見直すだけで、本当に生活は楽になります。

当たり前のことに聞こえると思うんですが

僕の周りでは、本当に無駄な固定費を払っている人が多いんです。

お金がないんだったら、まずは一番早く節約できて効果が大きい固定費を見直しましょう。

-貯金、副業