介護士の悩み

同じ介護施設で働くのをお勧めしない理由。

こんにちは。現役介護士のかずです(^^)/

僕は22歳の時に、営業職から介護職へと転職をしました。

最初は、従来型の特別養護老人ホームで3年半働きました。

そして、次にユニット型の小規模特養に転職して、そこでも3年半働きました。

そして、現在は31歳になって夜勤専属の訪問ヘルパーをしています。

そんな僕が、3つの介護現場を見てきて「絶対に1つのところで、長く勤めてるのはよくないな」と感じたところがありました。

その理由は、以下の3つです。

  • 介護に対する考え方が、偏った考えになってしまう。
  • ユニットリーダーや主任を任され、体力、精神的にも疲弊する。
  • 長く勤めているのに、給料は他の職員とあまり変わらない。

詳しく、解説します。

合わせて読みたい!

介護に対する考え方が、偏った考えになってしまう。

介護施設には、その施設だけの独特なルールや考え方が多く存在します。

例えば、記録の書き方やおむつ交換のやり方など、施設によってルールややり方が全然違ったりします。

しかし、一つに施設で働いていると「このやり方が一般的ですべて正しい」と思い込んでしまい、偏った考え方になってしまいます。

そして、新しく入ってきた職員が前の施設のやり方をしているときに「なんでそんなやり方でやってるの?間違ってるよ。」と、一方的な考え方を押し付けてしまいます。

「自分が間違っていること」「ほかの考え方や、やり方もあること」にすら気づけません。

介護業界は、常に人員不足でいつでも転職できます。

一つのところに長く勤めるよりも、いろいろ転職をして自分にはなかった考え方や、やり方を学ぶべきだと思います。

ユニットリーダーや主任を任され、体力、精神的にも疲弊する。

介護業界は、非常に離職率も高いです。

なので、必然的に長く働いている人がユニットリーダーや主任を任されることが多いです。

一般的には、「リーダーや主任になることは出世しているじゃん」と思われるかもしれませんが、介護業界は決してそうではないです。

リーダー手当はつきますが、多くついても月1万円ほどです。

少ないところだと、月2千円なんてところもあります。

ほかの職員と給料は、ほとんど大差がないです。

そのくせ、上司からは「リーダーとしての自覚はあるの?」と毎日プレッシャーをかけられ、職員からは「あのリーダー使えないよね。なんであんな余計なことしたの?」と陰口言われ放題。

そして、毎月リーダー会議には強制的に参加させられます。

月1万円の手当では全く、割に合っていません。

なのでユニットリーダーとしての働き方が、現状のまま変わらないのであれば、リーダを任せられる前に転職しましょう(笑)

もしくは、リーダーを任せられたとしても、精神的に疲弊して限界だと感じたらすぐにやめて、転職しちゃいましょう。

長く勤めているのに、給料は他の職員とあまり変わらない。

介護職の給料は長く勤めていても、ほとんど昇給しません。

なので、長く勤めることのメリットがあまりないのです。

そればかりか、転職した方が面接のときに給料の交渉ができます。

経験年数があれば、前の施設より多く給料を払ってくれることもあります。

先ほども言いましたが、介護業界は常に人手不足でいつでも転職できます。

一つのところで働くよりも、積極的に転職をするべきです。

そうすることで、自分に合った働き方は必ず見つかります。

僕は、3回転職をして、今の夜勤専従の訪問ヘルパーの働き方が自分に合っていることに気づけました。

しかも、給料も転職をしていくごとに上がっています。

みなさんも、今の施設が嫌でやめたいと考えているんだったら、さっさと転職しましょう。

まとめ

介護業界は、他の業界よりも非常に転職がしやすい業界です。

その特性を生かして、ガンガンいろいろな所で経験を積むべきです。

ただ、施設側は貴重な戦力なので全力でやめるのを、止めてきたりするかもしれません。

しかし、その施設のことは今後のあなたの人生には、全く関係がないことなので「退職したい」考えがあるならば、勇気を出して早くやめることを伝えるべきです。

僕も、前にいた施設で職員や施設に情を持ってしまい、退職するのを1年遅らせてしまいました。

しかし、その1年はとてもストレスを感じたし、ただただ疲弊しただけでした。

今転職して、自分の好きなこともできる時間ができたし、お給料も上がってとても幸せです。

みなさんも、施設側に合わせて退職を遅らせるのはやめましょう。

-介護士の悩み