生活

世の中の「常識」を意識すると貧困になる理由。

こんにちは。かずです(^^♪

みなさん、世の中の「常識」をイメージしてみてください。

僕の思っていた「常識」はこんな感じです。

  1. 大学に行く。
  2. 就職をする。
  3. 新車を買う。
  4. 結婚する。
  5. マイホームを買う
  6. 子供をつくる。 etc…

ざっとこんな感じでしょうか?

僕の考える世の中の「常識」です。

みなさんは、どう思いますか?

「よくあるスタンダードな人生」「真面目に生きている」

そう感じませんか?

ですが僕も、僕の親も「この常識通り」に生きてきましたが、結果貧乏になりました。

つまりは、世の中の「常識」は完全に僕たちの生活に見合っていなかったのです。

これから、この中でも特に危険な「常識」について詳しくお話していきます。

世の中の危険な「常識」3選

1.大学に行く。

みなさんが、大学に行く理由は何ですか?

この質問にすぐに明確に答えられなかった人は、絶対に大学に行かないほうがいいです。

僕が大学に行った理由は「大学を出た方が、将来安心だから」です。

このぼんやりとりた理由で、大学に行った結果大学を中退しました。

「なぜ、中退してしまったのか?」

それは、そもそも「その学部」に興味がなかったからです。

大学に入学した目的も「将来の安心の為」という、ぼんやりとした理由で

特にやりたいこともないのに、入学した結果中退しました。

その結果、「奨学金」と名のついた400万円の借金だけが残りました。

みなさんも「大学に行く」という常識に、流されてはいけません。

2.ローンを組む

車を買うとき、家を買うときローンを組むのが「常識」だと思っていませんか?

僕も、周りのみんながローンを組んでいるから

当たり前だと思って、新車を買ってマイカーローンを組んでしまいました。

しかし、ローンとはつまり借金です。

借金をするということは、自分の今の生活に見合っていない買い物をしているのです。

つかりは、一括で買えないもの以外は

すべて、自分の生活をキャパオーバーしているから絶対に買ってはいけないのです。

新車・新築は買った瞬間に価値が半額になる。

マイホームもそうです。

35年ローンを組む時点で、完全に自分の生活とは見合っていません。

しかも新築、新車は買った瞬間に、相場が買った時の値段の半額まで下落します。

つまりは、買った瞬間に「資産」でなく、ほとんどが「負債」になるのです。

世の中の「常識通り」に生きていると、ただただ「負債」を抱えるだけになります。

「車は本当に必要ですか?」「必要だとしても新車である必要はありますか?」

「マイホームを、一括で買えますか?」

キャッシュで買えないなら、賃貸で自分の生活に見合ったところに住むべきです。

3.結婚式を上げる

これは反感を買うかもしれませんが、僕は結婚式は必要ないと思っています。

なぜなら、新婚の「これからの夫婦」が

いきなり100万~300万円をかけて結婚式を上げるのは、リスクしか感じないからです。

正直僕は、結婚式は浪費だと思うんですよね。

人生に必ず必要なものかと考えると、「一生の思い出が残る」という価値はありますが

その為に、100万~300万円を払うのは「価値」と見合っていないんじゃないかと思います。

結婚式は神聖なものですが、どこまで行っても「浪費」であって

「浪費」に100万~300万円払うのは、僕は考えられないです。

結婚式を「親が援助してくれる

たしかに、親が援助してくれる家庭もあります。

しかし、僕はそのお金を「自分の為」に使ってほしいです。

そのお金で、老後の為に貯蓄したり、海外旅行に行ってくれた方が僕もうれしいです。

とまあ、完全に結婚式を否定してきましたが

僕は「結婚式を絶対にあげるな」とは思っていません。

親もすごく喜ぶし、夫婦2人にとっても「一生の思い出」になります。

しかしお金に余裕がない夫婦は、上げないほうがいいと言っているのです。

みんな上げているからと周りに流されず、夫婦2人のお金の状況を冷静に考えて

明らかにこれからの将来の生活に支障が出るなら、絶対にやめるべきです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

いかに世の中の「常識」通りに生きると、貧乏になるか理解していただけました?

お金に余裕があって、すべてキャッシュで払えるのなら僕は「常識」通りでいいと思います。

ただ日本人の平均年収が400万円ほどなのに、そんな人がどのぐらいいると思いますか?

多分、ほとんどいないでしょう。

なので世の中が考える常識は、大多数の人に当てはまらないんです。

なので、周りに流されず、「自分の常識」をもって生きるようにしましょう。

-生活